↓公式サイトはこちら↓

アラプラス 深い眠り

アラプラス 深い眠り 改善効果

 

眠れない、寝つきが悪いという人には幾つか特徴があるようです。

 

例えば、
・眠ろうとしている
・いつも同じ部屋で同じ環境
・眠れないという事実に着目している
(昨日も眠れなかった、今日も眠れないかもという意識)
など、眠れな事実に意識が向き過ぎているようです。

 

認知治療では、こういった普段心の奥で抱いてしまっていることを探って別の意識に向くようにします。

 

例えば、
・別の部屋で寝て見る
これは、脳が場所と事実をセットで覚えていることに着目して、このセット思考を分離してしまおうということです。
・全く別のことを考えてみる
眠る段になって、いつものように、眠れないことを思い出さないように、わざと別の課題を与えてみる。

 

例えば、小鳥のさえずりを流してキャンプの朝など格別に気持ちの良いことを想像してみる。

 

そんな小技で眠りに対する意識をずらしてみるのも有効とされます。

 

また、ココロは疲れていてもカラダはまだパワーがあるときにも不眠は発生します。

 

名経営者である星野リゾートの星野社長は、毎日1万歩以上のウォーキングをして、肉体にも適度な疲労を与えることで健康と睡眠を確保しているとのこと。

 

そして、睡眠対する考え方を変えることがあります。

 

嗣明時間ばかりに章てを当てすぎて、時間が取れないと不足であるというステレオタイプの思考になってしまうと眠れなくなります。

 

なので、睡眠時間と睡眠の充実度は正比例しないと決めて、少しの時間でも質の良い睡眠を取ることで大丈夫ということを普通にしてしまいます。

 

現実に、時間的に短くても、たくさん眠ったような満足度を得ることは可能です。

 

それが、アラプラス深い眠りの目指すところです。

 

睡眠は浅い眠りと深い眠りが交互に起きます。

 

その時間帯の合計で満足度が決まる側面もあります。

 

ですから、多くの時間を眠ったとしても、浅い眠りが多くなると満足感が小さくなります。

 

アラプラスはそこに改善点を見つけました。

 

少しの眠りでも深く眠れば睡眠の質が高まり、結果として良く眠ったのと同じ効果があります。

 

どうしても眠れないことを気に病んで本当に不眠的な生活習慣になってしまうよりも、少しでも深い眠りを確保して、短い時間でも健康的に眠ることができます。

 

睡眠に必要な時間は年齢によっても異なっていますから、必ずしも何時間でなければいけないというこもありません。

 

日中の活動が苦も無く快適にできればそれが正解ですから、そこに焦点をあてて行くことで睡眠不足感を小さくしていくこも大事です。

 

アラプラスなら、短い時間でも深く眠るために誕生したサプリです。

 

アラプラスで短くても満足度の高い睡眠をまず確保して、時間をかけてしっかりとした睡眠に取り組んでいくのも良いアプローチですね。

 

 

 

>> 睡眠の質を改善して深い眠りを実感するサプリメントはこちら

 

 

 

 

TOPへ