↓公式サイトはこちら↓

アラプラス 深い眠り

LALって何?

 

体内生産物質でエイジングケアに期待されている

 

ALA(アラ)は、体の中で作られるアミノ酸の1種で、ミトコンドリアで作られます。

 

”ALAは、植物では、光合成を行うために必要な葉緑素(クロロフィル)の、ヒトや動物では、赤血球のヘモグロビンの生合成のための原料です。

 

細胞内のミトコンドリアにおけるエネルギー生産を支えています。 ”
(アラプラス研究所www.ala-plus.jp”ALAプラスって何?”より引用)

 

体内で生産される他の物質と同じように、加齢によってだんだん減少します。

 

特にALALは他の体内成分よりも早い17歳以降から減少が始まります。

 

その影響で、基礎代謝の低下など体の活力低下による不調の原因にもつながるようです。

 

ALA自体は、自然界の植物にも存在し、ほうれん草、かいわれ大根、ピーマンなど緑黄色野菜や醤油、酢、赤ワインなどの発酵食品など多くの食品の中に含まれています。

 

ただ、必要量を野菜などで摂るとなると食べきれない多くの量を食べることになり現実的には無理なのです。

 

そこでサプリメントとして摂るという形が考えられ製品化されています。

 

1日の必要量は5mg程度とされており、これをサプリメントで手軽に取ることができます。

 

ALAは主にエイジングケアとして用いられています。
・高血圧
・血糖値対策
・持久力向上
・肌などの美容の維持向上
といったような分野でサプリメント形態で提供されています。

 

睡眠の改善にも応用

 

 

さらに、新たに睡眠の改善にも関係しているというアプローチから臨床試験を経て、ALAプラス深い眠りというサプリメントが提供されました。

 

眠りには浅い眠りと深い眠りとがあり、睡眠中はこれが交互にやってきて眠りを作っています。

 

浅い眠りでは夢を見たりしています。

 

日本人の多くが睡眠不足であることは調査の結果から明らかとなっており、健康な生活を送るために、睡眠時間の確保、睡眠の質的な改善が求められています。

 

ALAを使ったサプリメントでは、
・6週間の継続摂取で眠りの質的な改善が見られた
・睡眠に対する満足感が得られた
ということが実証されています。

 

これまでのGAVA系の睡眠導入剤とは違って、眠っているときの深い眠りを誘導します。

 

短時間であっても深い眠りを数珠に取れることで、睡眠の満足感、目覚めのスッキリ感など、睡眠の質的な改善が得られるというものです。

 

また、体内の生産物ということで、GAVA系に懸念される習慣性などの副作用も無く安全性においても優れているようです。

 

体内物質の減少は、腸内環境の劣化、筋肉の衰え、持久力の低下、肌の衰えなどあらゆる不調を引き起こします。

 

ALAを摂ることによって、例えば、酵素やCo-Q10、ポリフェノールといった抗酸化成分を摂るように、健康の維持向上が期待できることが期待されています。

 

 

 

>> 睡眠の質を改善して深い眠りを実感するサプリメントはこちら

 

 

TOPへ